女の人

布ナプキンは通気性がいいので生理時にもかぶれにくい

簡単に洗える

困る女の人

肌のかぶれを少なくするために布ナプキンは非常に便利ですが、使ったことのない人にとってはハードルが高い印象があります。かぶれたくないから布ナプキンを使ってみたいけれど使い方が分からないという人もいますが、ハードルが高い大きな原因は使用した後の手入れの仕方が分からないことです。経血を落とすのは大変で洗いにくいというイメージや、布ナプキンを完全にきれいにすることはできないから不衛生そうだというイメージを持つ人もいます。確かに紙ナプキンよりも手間はかかりますし、汚れが残ってしまった場合には衛生的によくありませんが、洗い方を正しく理解することで生理時にもかぶれがなく快適に布ナプキンを使用することができます。
布ナプキンの洗浄には洗濯機を使用することができますが、その前にある程度の汚れを落としておくことが大切です。そのまま洗濯機に入れてしまうと汚れが十分に落とせずに雑菌が繁殖し、かぶれの原因になります。布ナプキンをきれいにあらうにはまず水で軽くすすぎます。この作業は大まかに経血を落とすことが目的なので力をこめて洗う必要はありません。経血を落とすのは大変だと思う人もいるかもしれませんが、乾く前の経血なら水で簡単に洗い流すことができます。しかし、その水を洗面所の水道に流してしまうと詰まりの原因になるかもしれないので、必ず洗面器などに水をためてその中で洗うようにしましょう。すすぎ洗いが終わった水はトイレに流します。大まかに汚れを落とした後はつけおきをすることでナプキンの奥の汚れまできれいに分解することができます。布ナプキンは経血をよく吸収するために厚みがありますが、普通に洗っただけでは内部の汚れは取り除きにくいものです。重曹などが含まれるアルカリ性の洗剤に一晩つけおき、その後洗濯機で洗うことで汚れを残さず洗えます。